大切なこと

弊社は建設業です。設備工事業です。施工管理の会社です。いろんな言い方が有りますが、

 

快適な環境をお客様に提供してこそ商売として成り立ちます。

 

その為には、元気に挨拶をする、約束を守る、期日を守る、レスポンスを早くする、最後までやりきる を日々心掛けていますが、

 

綺麗にする、清潔を保つといった事で弊社の管理部の皆さんはめちゃくちゃ貢献してくれています。

 

私は本当に感謝しています。

 

今の暑い時期は、汗だくになりながら始業前に掃除をしていただいています。

 

「朝早くからお疲れ様です。」と言うと「いえいえ、私たちは現場に出ることは出来ないので、こういった形でサポートしています!」と返事が返ってきます。

 

毎日毎日我々が気持ちよく仕事に取り掛かれるのはそういった社員のおかげです。

 

余談ですが、私がサラリーマン時代、あるゼネコンの所長に言われた事を思い出します。

 

「吉田君、現場で一番重要な人は誰やと思う?」

 

「ん〜 それはもちろん所長ではないですか?」(よいしょ半分の意見でしたが・・・)

 

「ちがう、一番の肝心要は、ガードマンや、メインゲートを守る○○さんが一番だいじなんや、その人次第で現場は決まるんや」

 

所長が言っているのは、現場での一番の情報がメインゲートに集まり、それをタイムリーに処理できれば大きな問題には発展しないという事が言いたかったみたいです。

 

それを聞いて、ガードマンさんの言動を観察してみると、朝は5時から現場の周りを掃除して、近隣の人への「おはようございます!」の挨拶やコミュニケーションを欠かさず、職人さんとの世間話の中で、どんな現場への不満が有るのか?やりにくいところはどんなところなのか?を情報収集して、それが全てその日のうちに所長の耳に入るシステムでした。

 

それ以後私は、どの現場へ行っても、ガードマンさんと仲良くしました。ガードマンのオッチャンは大体ひとなつっこい人がおおかったので面白い話を聞くことが出来てためになりました。そして現場がうまくいきました。中にはクセのきつい人もいましたが、そういった人はすぐに首になっていました。

 

それと、余談2つめですが、昔の上司に「吉田っ!改修工事で一番大切なことはなんやとおもう?」(めっちゃ怖い上司でした)

「いっぱいありすぎてわかりません!」と答えたら、「それはな〜!来た時よりも美しくや!」と言われました。

 

工事をするわけですので、ゴミやホコリがいっぱい出ます。しかしお客様は作業前の状態に戻ると思っています。

 

そのギャップが多ければ多いほどお客様の残念な気持ちが大きくなって、小さなこじれを呼び、大きな問題に発展していきます。

 

よく、作業が終わったら作業員を「おつかれっす〜」とそそくさと送り出す担当者がいますが、それは間違いで、キッチリ作業後の後片付け掃除をみんなで行い、お客様のチェックを受けOKをもらうまでが仕事です。使用したトイレ、手を洗った洗面器、移動した什器等の清掃と元通りの復旧がきっちりできてその日の仕事が終わるのです。

 

この点はめちゃくちゃ大切で、下手すると会社が衰退する原因となります。

 

話を元に戻しますが、ラインの仕事とアシストする仕事の重要性は50:50なのです。

 

だから、ラインとアシストの相互理解が出来る様にしていかなければなりません。

 

長々書きましたが、言いたいことは、

 

「管理部のみなさん!いつもきれいにしてくれて本当にありがとうございます!」(^0^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わぬ展開

だいたい、ブログは夕方〜夜に書く事が多いのですが

 

昨日ブログを書こうと思って、IDとパス忘れてしまって今日になりました。

 

しょーもない話はさておき、書きたいと思います。

 

今年仲間入りした新入社員・・・弊社は、去年の夏から一念発起して新卒採用をおこないました。すると一般職で一人の女子学生が会社説明会に来てくれました。

 

最近の大学生と喋ったこともない私としては、どうしていいかわからず、思っていることを伝えるしかありませんでした。

 

自分の中では一生懸命話をしました。その結果、今一緒に仕事をしています。

 

先日、ある就活セミナーの模擬面接をする事になり、彼女と一緒に出掛けました。

 

そこで彼女に予定外の模擬面接官になってもらいました。

 

「次、俺の代わりにやってみて」と言うとすると「え〜」とか「うぇ〜」とか言っていましたが、学生さんに質問をし始めました。

 

思わぬ展開です。

 

「あなたが就活で大事にしている事は何ですか?」

 

すると学生さんは、待ってましたとばかりに答え始めます。

 

まるで答えを暗記しているかのように。

 

それを聞いていて私は思いました。

 

確かに自分を客観的に見て、その喋る内容を考えるまでは社会人になってからも必要なスキルですが、この面接練習みたいなものに意味が有るのか?

 

各会社の人事担当の人間はこんなことに会社の大切な一般管理費を割いているのか?と。

 

真面目な学生さんは面接テクニックを磨こうとしているだけなので、私の印象的には回り道をしているとしか思えませんでした。

 

なので、来年から弊社は、エントリーシート無し、面接無し、といった採用をしようかなと思っています。

 

まず、会社の仕事内容や考え方を実体験していただいて納得してもらう事に重点を置いたやり方に変えようと思います。

 

学生さんは、会社に入って働いたことが有りません。

 

だから大半の人はどういった基準で会社を選ぶかというと、大きい会社、有名な会社、親兄弟友達に「すごい会社に入ったね」と言ってもらう基準で選ばざるを得ません。(おじさん黙ってて、そうではない!という学生さんもいると思いますが・・・)

 

だから、最低でも自分の興味のある会社の社員に話を聞くとかインターンシップに行ってみるとかしないと入口は見えないと思うのです。

 

それも質より量。

 

それが今後の就職活動の姿になっていくと思います。

 

エントリー数が何千何万規模の企業ではそんなことは時間とお金の問題で難しいかもしれませんが、学生さんは企業が学生を選ぶんだと言う考え方は捨てて、フィフティーフィフティーの関係だと思ってください。

 

内定をもらっててもなんか嫌だなぁとおもったら辞退する、決めたならやってみる、3年やって合わない、気分が乗らないなら転職してください。

 

これからの会社はいかに社員がおもしろいとおもって仕事に打ち込める環境を提供できるかが必要になります。

 

それには既存社員が面白いと思える仕事のやり方を若い人に伝えていく事が必要なのですが、それは「仕事は自分の為にするのではなく人のためにする」という経験値がないと芽生えないとおもいます。

 

客に評価される喜びを経験値として持っていなければそれは伝えることが出来ませんから。

 

なぜ仕事は人のためにするのか。

 

それは、仕事の価値は客が決めるからです。

 

自分で「よくやった!完璧だ!きもちいー!」と思っても、客がそうではなかったらリピートも無く会社の存在意義も無く、会社は存続できないからです。

 

自分の為にするのは自分が好きでする趣味の世界にとどめておいて、自分の気分転換に使ってください。

 

学生さんの中には入るのが難しい企業を目標にしている人が多いと思いますが、その会社に入ったから気持ちよく人生を過ごせるとは限りません。

 

音楽と同じで、好きか嫌いか、合うか合わないかは自分が感じる事で、それは自分のやり方次第で変化して行きます。

 

何がいいかは自分で決めることが出来るので まず会社に入って3年働いてみてください。それからいくらでも道はあります。

 

 

 

 

 

ベトナム視察

 

まず、このたび西日本を中心とした豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

さて、

7/9〜7/13でベトナムへ視察に行ってきました。

 

ベトナムは、日本の面積、人口の約90%の規模の国で

 

細長い国です。

 

 

北部の首都の有るハノイは、温帯気候で冬には日本のようにとても寒くなります。

 

中部〜南部は熱帯気候で雨季と乾季で構成されています。

 

今は全土がとても熱き蒸し暑い気候で、立ってるだけで汗が噴き出てきました。

 

親日国と聞いていたので日本語が有る程度通じると思っていましたが、

 

ほぼ通じず、英語かベトナム語でのやり取りになりました。

 

見聞の結果、

 

平均月収は3~4万円、成人の80%は何らかの借金をしている、17時以降は働かない、

 

建設ラッシュ、バイクが自転車替わり、クラクションが鳴り響く街、学校の夏休み3ヶ月、汚職が多い、

 

大学進学率は20〜30%(就職先があまりなく卒業後アルバイトする若者多数)、物価が安いっ!!

 

 

 

まず、向こうで仕事をするにも、ベトナム人の受け入れに関しても言葉の壁を解決しないといけない事は

 

明らかで、その壁はなかなか高い現実を確認できてよかったです。

 

次のステップに進めそうな気がしています。

 

 

 

 

 

しごと体験

読んでいただきありがとうございます。

 

私は、学生の就活支援として、ツイッタ―をしておりますが、

 

今回、学生さんの職業選択の幅を広げてもらいたいなぁと思い

 

「しごと体験」として弊社の仕事を1日体験してもらう

 

インターンシップ生を募集する事にしました。

 

建設の施工管理の仕事は、どんなことをするのかわかりにくい事も有って

 

どうしたらいいか?を考えていましたが、実際体験してもらうのが

 

一番だということになりました。

 

 

興味のない人でも体験してみてもらえば、何らかの結果が出ます。

 

     やっぱり向いてないな・・とか、

 

     こんな仕事が有るんだ!おもしろそう!とか

 

そこが就活のスタートになるので、重い腰を上げて動いてみてほしいと思います。

 

体験してもらった締めくくりは、

 

私が直接、 

 

     会社選びの軸

 

     自己診断

 

     エントリーシートの作成

 

     自分のアピールポイントの伝え方

 

                      等々

 

学生さんの解らない事や悩みの相談に乗らせていただきます。

 

 

申込みは、弊社HP掲載のニュースリリースを見ていただければと思います。

 

たくさんの応募お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5ヵ月経過

ブログ リニューアルしました!

 

今後ともよろしくお願い致します!

 

早いもので今年も5ヵ月が経過。

 

5ヵ月で何が変わったんだろう?と考えました。

 

先ずは、社内研修。

 

 

 

「社員がお互いに興味を持つ事」が出来る様になるのが目的で

 

「何故仕事をするの?」「コミュニケーションの大切さ」「セルフチェック」「人生満足度グラフ」

「新入社員受け入れ研修」「業務の棚卸し」「近未来の夢」といった内容で3回に分けて研修しました。

 

社員一人一人が毎日何を考えて仕事をしているのか?

 

どんな事をしているのか?

 

自分と他者を比べてどんなちがいがあるのか?

 

等々 今まで知り得なかった事が分かって、最近社内での会話も多くなった気がします。

 

次に、採用活動。

 

 

昨年から新卒採用に力を入れています。

 

今迄は、中途採用がメインであったため、新卒採用のノウハウが無く色々苦労の連続ですが

 

私をはじめ社員一同 仲間を増やそうと頑張ってくれています。

 

新しい事をするのに人は躊躇しますが、何事もトライしなければ前進できませんから

 

これからもその精神でやっていきます!

 

そして、研修の内製化。

 

これは、メリットだらけだと思って取り組んでいます。

 

「教える事で自分も勉強できる」「社内コミュニケーションの活性化」「コスト削減」

 

これも、研修担当に任命された社員は通常業務もこなしながらの作業になるので大変ですが、壁を乗り越えてほしいと思っています。

 

乗り越えた先には必ず成長した自分がいる事を経験してもらってやりがいにつなげてもらえればいいなと思います。

 

 

以上、中長期経営計画「チャレンジ2020SENYO」を達成する上で大事な活動になるので

 

社員一同諦めずやっていきたいと思っています。