ノー残業デーの意味

読んでいただきありがとうございます。

先日、早朝の空が美しいと思い写真を撮りました。

 

 

これだけ見ると

なんの写真かわかりづらいですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    もうちょっと広角で

             

                             

 

    朝日が雲を低い位置から照らすことでこのような光景を作り出しています。

 

 

 

実際肉眼で見た空は怖いくらいきれいな光景でした。

 

夏の名残の元気な朝日と秋めく鱗雲とのコラボレーションです。

 

 

 

話は変わりますが・・・

 

弊社は、数か月前から水曜日をノー残業デーとしています。

 

ノー残業デーには、メリットとデメリットがあると思います。

 

▼ノー残業デーのメリット
(1)疲労が軽減し、オンとオフのメリハリがつく
(2)残業しないように仕事の効率化を考える癖がつく
(3)周りの視線を気にせず、堂々と帰れる
(4)「ノー残業デーは早く帰れる!」を目標に頑張れる

 

▼ノー残業デーのデメリット
(1)業務量は変わらないため、結局、他の日の残業が増える
(2)急ぎの案件に対応できない
(3)自分のペースで働けなくなる

 

私自身、20代に付き合い残業で(段取りが悪かったこともありましたが・・・汗) よく友達との飲み会や彼女とのデートに遅れたりキャンセルした経験から

 

出来ればそういったことにならないようにと思いノー残業デーを設定しました。

 

自身の苦い経験があるから今こうやって週一日ですが、中小企業では珍しくノー残業デーを設けれているんだと思います。

 

確かにそんな日を設定しなくても終業チャイムが鳴れば帰る人は帰るし、帰らない人は帰りませんが(笑)

 

 

 

実は、設定した理由がもう一つあるのです。

 

今は、時間外労働時間に制限があり 決められたルールは企業として守らなければいけません。

 

そのため 上司は部下の適材適所配置、オーバーワーク管理、コーチングを心がけなくてはなりません。

 

そしてそれをすることが業務の効率化につながることを認識すべきです。

 

しかし、上司も人間です。そつなくこなせる人は私を含めなかなかいません。

 

難しいのは人それぞれ個性があり、人とのかかわりあい方が千差万別というところです。

 

なので自分なりに悩んで一つ一つ対応していき解決策を模索することになります。

 

いくらマネージメント研修やヒューマンスキル研修を受けたとしても

 

自分自身の課題と向き合う事ができないと現状維持という危険エリアでの停滞を余儀なくされ、会社にとっても個人にとっても

 

良い結果は残せません。現状維持は衰退しかないのです。

 

こうなると上司と言われる人は大変です。部下ひとりひとりの状況把握が仕事になってしまいます。

 

頻繁に会議や面談ができる環境であればよいですが、中小企業ではマネージャー兼プレーヤーといった場合が多く

 

部下の仕事ぶりに目が行き届きにくくなる場合があります。そこでノー残業デーみたいな日があると

 

全てがわかるとは言いませんがオーバーワークな部下はいないか?暇そうにしている部下はいないか?といった事を観察出来て

 

人員の適材適所配置や、どの様なコーチングを誰にすべきなのかといった判断材料になると考えるからです。

 

皆さんの会社ではどんなノー残業デーになっていますでしょうか?

 

それでは、季節の変わり目です。体調管理にご留意くださいませ。

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

出来れば大阪ドームで

今年も8/6から16日間にわたり第101回 全国高校野球選手権大会が開催され、

 

高校球児の熱い戦いが繰り広げられるわけですが、

 

私の携帯電話には連日防災メールで注意勧告の通知が来るのです。

 

「熱中症の危険あり運動は原則禁止」

 

我々建設業に従事している者は、施工管理技術者とて現場での確認指示業務でこの熱波にさらされるわけです。

 

特に若手は大変です。下手をすると業務時間の8割屋外で過ごすこともあります。

 

よって今夏より、全社員の標準装備として空調服を導入しました。

 

私も体験しましたが、とても涼しい!

 

ただし、作業員の皆さんは職種によってまどろっこしいと言う意見もあります。

 

しかし、弊社の従業員の健康を管理する上でも必要だと感じました。

 

2020オリンピックでも暑さに対しての対策が急務と聞いております。

 

前回のブログでも取り上げましたがある意味異常気象に対して我々が貢献できる冷房設備に

 

適切に貢献していきたいと思います。

 

蚊帳とオリンピック

こんにちは、吉田です。

 

暑い日が続きますが・・・ まだ5月なのに気温30度オーバーって異常気象ですよね。

 

 

最近よく同年代の人と話題に上がるのが、我々アラフィフが小学生の頃、真夏でも30度オーバーの日なんて数えるほどしかなかったのにね。

 

という話。

 

40年前の当時、毎晩寝る前に蚊帳(蚊帳はインスタで投稿見てみたら、なんと、キャンプ場面しかなかった・・)を用意して、その中で両親と妹の4人で寝た記憶があります。

 

 

蚊帳を出す時期はちょうど田植えの時期で、田植えが終わった6月には、遠くでカエルの鳴き声が聞こえて、とても情緒的な「ザ・田舎」の生活でした。

 

それが40年以上経過した今、気温32〜3度では驚かなくなってしまいました。

 

(なぜ、そうなったのか?これってほんとに問題です。)

 

こうなると、エアコンは絶大なる威力を発揮しますよね。

 

 

家庭ではなくてはならない頼れる存在になったヒートポンプ式冷暖房機。

 

 

昨年などは、特に高齢者の人命にかかわる問題としてメディアでも取り上げられていました。

 

室温があがると自動的であれ人為的であれ室温の異常に対してのアラートによる自動運転、いわゆるエアコン(電化製品)のIOT化です。

 

 

 

我々の仕事も医師並みに人命にかかわる仕事になってきました。(手術室のクリーンルームも我々の携わる空調設備の分野です。)

 

 

 

ところで、

 

2020年にはオリンピックが日本で開催されますが、私はスポーツが人に及ぼす尊い影響とともに

 

日本が、開催国である由縁を世界にアピールする最高のステージだと思うのです。

 

今、世界でがんばっている日本人のためにもいま一度日本の強さを示す絶好の機会だと。

 

 

 

オリンピック開催時に向けて、競技場でのリアルな感動を遠隔地でも体感できるバーチャル技術や、車の自動運転がありますが

 

それには今までに無い通信技術が必要となり、より早く、より鮮明で、より消費電力を抑える技術、「5G」の技術革新が必要になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本がやる事なので、抜け目無く、しっかりとして 且、世界が納得する技術のお披露目があると期待しています。

 

  COOL JAPAN

 

 

そして我々建築設備に関わる施工管理のキーポインターは、このイノベーションをしっかりと形にしていく事を念頭にやって行きたいなっ!と  ヒシヒシ  感じる今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味のある10連休

こんにちは、吉田です。

日本では10連休を経験しているビジネスパーソンが多いのではないでしょうか?


私は、この10連休について考える所があります。


1、10日も休みがあってhappy!

2、この休みの間に普段できないことをやろう!

3、休みで家にいると普段しない家事や育児の大変さが分かる

4、こんなに長い間休んで会社は潰れないかな?

5、仕事って何だろう?家族って何だろう?


普段の忙しい時には見えないことが一杯あるので、じっくり考える良い機会です。


残り半分の休暇を、知らないうちに終わってしまったということのないようにしたいと思います。


そして、休み明けには社員全員が元気に出社してくれることを願っています。


皆さんも事故やトラブルに巻き込まれませんように。







仕事を楽しもう!

こんにちは、吉田です。

 

読んでいただき有難うございます。

 

 

先日、会社を元気にする部のブランディングチーフからの提案で「CSRのページつくりましょうよっ!」と提案が有りました。

 

SENYOは、そういった業務提案は大歓迎!です。

 

その辺プラプラ歩いてる人が気が付いたら富士山頂にいたなんて聞いたことないですよね?

 

そうなんです。「富士山頂に立つ!」と思って家を出なきゃ立てないんです。

 

彼女は、CSRを口にするまでに色々考えているのですよ。

 

それがわかるから私は「やろう!」と即Go!を出すんです。

 

そして彼女のトライ&エラーが始まるんです。

 

私の中で船旅の旅出航のようなワクワク感が芽生える瞬間です。

 

どこまでできるのかが楽しみです。

 

結果しょぼくてもそれから磨き上げていけばいい事なので、まず第一歩を踏み出すことがカッコ良いと思います。

 

是非、軌跡を残してくださいね。会社を元気にする部ブランディングチーフ! 長いなっ・・・ 

「令和」 「イチロー」 「入社式」

「令和」

 

「社長!新年号発表されたで!」と近隣のオッチャンに声をかけられました。

 

「令和・・・」

「なんなん  令和って・・・」

 

「やるぜ日本!」とかやったらおもろいのに。。。「新日本元年!」 とか。。。   

 

どうでしょう?    ないな・・・

 

 

 

意味の無いたわごとはおいといて。

 

 

ジム・ロジャーズって人の「お金の流れで読む日本と世界の未来・・・」って本を読みました。

 

その一説に、「私が日本人なら、今すぐ日本を脱出する」とありました。

 

けっこうショッキングでしょ?

 

アメリカ人なりの意見ですが、この人は日本をこんな風に評価しているのだなぁと思いながら読んでました。

 

 

 

4月1日の本日、新しい仲間が増えました。

 

入社式を執り行いました。

 

入社式を終え、私から伝えておきたいことを新入社員に1時間話しました。

 

 

この内容は、3ヶ月毎に1年間にわたり話し続ける内容です。

 

多分それくらいでちょうどよくなると思います。

 

最後の一回は本人が私に逆に説明してもらいます。

 

そこで私が納得できれば合格です。

 

 

 

その話の中には、「仕事の定義」という項目が有ります。

 

SENYOでの仕事の定義とは、「仕事とは、人に評価され、初めて仕事と言える」とあります。

 

だから「これくらいでいいか・・・」という自分の思い込みでゴールを設定する趣味とは違うんだよ。といった内容です。

 

 

それとは別に、

 

「なぜ仕事をするのか?」という質問が巷でよく有りますが。

 

それは、その人の価値観であって、仕事の定義とは違います。

 

 

 

「定義と価値観」この2つを混同するとその人は最短で成長できないと思うのです。

 

 

 

前述の、ジム・ロジャーズは外から日本や日本人を評価しています。その結果「すぐに日本人を辞めたほうがよい」とまで言っています。

 

日本はできればビジネスで世界のリーダーシップをとっていかねばなりません。(でないと貧乏日本になります)

 

そのためには、今迄のような「まねし」ではダメなのです。

 

 

 

先日、イチロー選手の引退番組?みたいなものを見ましたが、私見ですが、彼は変態レベルです。

 

でも、世界で通用するにはその変態レベル、それも「日本プロ野球界出身の変態」が世界を席巻できるって証明してくれたんです!

 

これ、すごくないですか?

 

180センチ弱、80キロ。イチローの公式発表の数字です。

 

「わぁ〜イチロ すげ〜」じゃなくて、日本人と日本が好きな人々が「日本の奥ゆかしい変態さ」をもってすれば、できるんです!

 

今回、イチロー選手のプロセスを垣間見ることが出来ましたが、それは彼の輝かしい結果があってこそ輝くのだと思います。

 

 

 

世の中は「結果を出し、評価されてなんぼ」の世界です。

 

という事を再認識させてくれた4月1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の時間の使い方?

こんにちは、吉田です。

 

今流行の「働き方」について勉強しようと思って本を購入しました。

 

すると 立花 貴という人の本と巡り合いました。「心が喜ぶ働き方を見つけよう」という本です。

 

 

 

3月になると3.11東日本大震災のTV番組が放送されますが、私はその番組を見るたび阪神淡路大震災を強烈に思い出します。

 

自身 被災したわけではありませんが、復旧復興活動に携わった記憶が今も強烈によみがえります。

 

 

彼の本の内容は、3.11の災害と働くと言う意味を彼なりに体験し考えた内容の本でした。

 

 

働き方に関して勉強しようと思ったのに、なんで東日本大震災につながるんだろう・・・

 

そういった状況を経験していなかったらイマイチぴんと来なかった内容かもしれませんでしたが

 

奇しくも私は経験させてもらっていたので非常に共感できました。

 

 

働き方ってなんだろう?と考えた時に、年齢や価値観、そしてその時その時の自分が置かれている状況で変わるとおもうんです。

 

第三者がああだこうだってきめることじゃなくて、本人が決める事なんですよね。

 

できたら人生の時間を無駄使いせず、タイムリーに最上級の時間を過ごせたらと思うけど、それも無理なんです。

 

神様がいるとしてもそこまで一人一人に目が行き届かないし、神様にはお賽銭の額で願いをかなえる力もないんです。

 

結局、自分がどう感じてどうするか?  それがその人の人生なんだなとつくづく思います。自分で行動して頭を打ってそして次につなげていくしかないんだなって思います。

 

ということは・・人生の限られた時間を省エネルギー化するためにはそのサイクルを短くすればいいじゃん。と思ったりします。

 

特に20代は、一杯経験して、一杯失敗する。

 

人がどう思おうが、関係なし!人に迷惑を掛けたり傷つけたりする事もいっぱいあると思うけど、人の痛みを感じることは大切でそれが無いと充実した次へのステップは無いし、思うままやったらいいと思います。

 

その責任を取るのは、会社では社長です。

 

腹をくくってやる、腹をくくってフォローする。そんな人間関係で働けたら幸せですよね。多分そこには豊かな時間があるように思います。

 

折角働くんだから将来に夢や希望を持って働きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニコーンって?

先日、インターンシップに来た4人の学生に、「日本の未来は明るいかくらいか?」という質問をしたら

 

3人が「不安だ」と答えてくれました。

 

何が不安かというと、「少子高齢化で・・・」「アメリカ依存の政策が・・・」「女としてどう生きて行ったらいいのか・・・」

 

といった内容でした。

 

20歳のこれからの人生、ワクワクドキドキじゃなくって、不安でいっぱいの人が3/4もいる事に驚愕し、本当に背筋が凍る思いでその話を聞いていました。

 

こんな悩みを抱えたままで就職しても日本は世界で勝てないと思うのです。

 

平成は今年で終わります。

平成元年の世界のトップ企業20社をあげたら、株式時価総額のトップはNTTで、日本企業が14社も入っていました。

 

平成30年はどうなっていたかというとトップ20に入っている日本企業はゼロです。

 

日本のトップは35位のトヨタ自動車です。

 

言うまでも有りませんが、現在のトップ5社のうち4社はGAFAです。

 

GAFAやユニコーンが引っ張る世界になったので日本が全然ダメになったんです。

 

GAFAの予備軍と言われるユニコーンはアメリカに100匹くらい、中国に70匹くらいと言われていて、

 

日本はメルカリが上場して0匹になったと言われています。ヨーロッパにも30匹くらいいるらしい。

 

 

なんで日本がこんな結果になったのか?

 

製造業の工場モデルを見直さず、力強い男性の長時間労働のまま突っ走ってきたからだと思います。

 

いま世界をけん引しているのは、物売りではなく価値売りのサービス産業。

 

だから、日本という力のある国にまた陽を当て若者に希望と勇気をもたらすためには

 

サービスというアイディアを生み出す働き方が必要になるんだとおもんです。

 

働き方改革かぁ。

 

 

今からの若い人に明るい将来をどうやったら実現できるのか。

 

仕事を通じて実現できるように頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

器!

今日は、会社を元気にする部のチーフから「5分だけ打合せいいですか!?」と。

 

最近、工事管理部も忙しいみたいなので、積算ナウだったけど「なんですか?」と応対。

 

「40周年の件と合説の件で・・・・・・・・・・・・・・・・・」とチーフ

 

合説の予定を把握していなかった私は、ちょっとトンチンカンなことを言ってしまいました。

 

今年第二の反省です。

 

チーフは「社長しっかりしてくださいよ!」と絶対思っていたはず!声が聞こえてきそうです。

 

今年は、「社長の器を大きくする!」が目標ですね。

 

スロースタートではなくスピードスタートで頑張ります!

 

 

新年のご挨拶〜2019年

 

 

新年あけましておめでとうございます!

 

旧年中は色々とお世話になりありがとうございました。

 

本年もよろしくお願い致します!

 

今年のお正月は大阪では天気に恵まれ、みなさん穏やかな三が日を過ごされたのではないでしょうか?

 

私も、三が日はゆっくり過ごさせていただきました。

 

しかし、充電しすぎたのか4日の朝に腰がスパーク(電気が走るくらいの激痛)に見舞われ

 

今日1月5日の初出では初詣に行けませんでした。

 

年末、納会の時に「1/5はみんな元気な顔で会いましょう!」とか何とか言ってたくせに・・・・

 

情けない。

 

自分の身は自分で守らなければ誰も守ってくれません。会社の代表たるものこれではいけませんね。新年早々反省です。

 

 

 

さて、皆さんは「リスケ」とか「リマインド」といった言葉を聞いたことが有ると思いますが

 

どちらにも「リ」という文字。

 

「リ」とは英語で、「Re」です。

 

「Re」には、「再び〜する。」といった意味が有ります。

 

創立40周年を迎え、これまでの社歴や経験を踏まえ、SENYOがこれからの10年をどのように歩んでいくのか?

 

昨年末から「するべき事としなくていい事」を整理し、「いままでがこうだった〜」を無くし「これが最善だ〜」を仕事の基本にして、

 

会社を再構築して行くための合言葉、キャッチコピーみたいなものが必要だなぁ〜と考えていました。

 

そして熟考の結果、いつもみんなが「今迄の常識を疑ってみる」「再構築する」を思い浮かべれるように

 

会社のキャッチコピーを「Re-SENYO」にしようと思います。

 

もうちょっと解り易くアレンジしますが・・・

 

基本姿勢は、新しい事に挑戦しSENYO再構築に役立てる事です。

 

思い付きみたいに話していますが、年間300日以上、朝の犬の散歩の時ずっとこんなことを考えています。

 

気持ち悪いでしょう(笑)  ・・・でもそれが私の仕事なのです。

 

今年もうれしい事、悲しい事、辛い事、面白い事 いっぱいあると思いますが

 

社員一同助け合い進んでいきたいと思っております。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

最後になりましたが、みなさんの2019年が内容の濃い一年になりますようお祈りし、

 

新年のご挨拶と致します。