我慢と辛抱

おおよその想像通り、緊急事態宣言が延長されました。

東京では、1日の感染者数が100人を超える日が続いています。

鳥取県では、府立高校の授業が5/7から再開されるそうです。

徳島県では、他府県ナンバーの車に対しての拒絶反応が強烈です。

 

世界に目を向けると、中国ではコロナ感染終息で一億二千万人が大移動していて、アメリカでは毎日8000人以上が新たに感染している状況です。そして、アメリカは伝染病の発症国の中国に対して責任を取れと言っています。

今、世界各国は、自国が1番の発言力を得るために、いち早くコロナ治療薬を開発実用させることに躍起になっているのが現状だと思います。

これには、どれだけ現状把握にお金と時間をかけるかがポイントになると思っているのは私だけでしょうか?

 

なにか困難に直面した時、現状の把握を最短かつ正確にでできたものが勝つのだと思います。

その時に、曖昧さや臭いものには蓋をしていては、回り道をしてしまいます。

弊社においても、苦境を乗り越えるため、スピーディーな情報収集、現状把握でこの重大局面が収束に向かった時に

力強いスタートダッシュができるよう、準備しなければいけないと強く感じる今日この頃です。

急がないけど、近い将来の為にやっておかなければいけない事をやる時間に充てるべきだと思います。

皆さんも、我慢せず辛抱して凌いでください。必ず日は差し、雨は止みます。

 

 

 

 

 

コメント