この先どうなるのか楽しみ!

こんにちは、吉田です。

 

先週は11月とは思えないくらいの温かさで、今日はぐっと冷えてきましたが

 

皆様風邪などひかない様にしてくださいね。

 

弊社の決算は11月末なので、この時期になると特に業績が気になります。

 

今期は、4・5・6月と暇な時期が続きました。我々の業界はコンスタントに仕事が有るわけではないので

 

仕事が集中する事が多々あります。

 

そして、支払いが先行するのでキャッシュフローが安定しない事も特徴です。

 

これから会社を大きくしていこうとしているので、その途上での人件費の捻出や売上増大によって

 

お金の管理がとても重要になるからと、気を引き締めて財務管理や与信管理をしていこう!と

 

社内でいつも話をしています。

 

前回も話題に挙げましたが、働き方改革にも取り組まなくてはいけません。

 

弊社の社員の中には、「社長、働き方改革って大企業がする事じゃないんですか?」

 

みたいに感じている者もいます。

 

中小企業経営者の中にも、働き方改革に必要性を感じないという人が25パーセントくらい存在するのも事実です。

 

有給休暇の取得促進、時間外労働の上限規制、在宅勤務、副業・兼業解禁、定年延長、女性の活躍推進 等が

 

中小企業に与える影響がいかほどになるのか?そういった不安がある有るのも解りますが、実際取り組まれている

 

会社の話を聞くと「大変だけど、成果は徐々に出てきている」「想定外の良い結果が有った」といった声が多いのです。

 

その会社に合った「働き方改革」は、ある意味「業務カイゼン」であり企業が存続する上で必要ですよね。

 

国に言われてするようなもんじゃないですよ。日々やっておかないといけない事です!(キッパリ)

 

「業務カイゼン」のほとんどは、みんなで取り組まないと意味が無い事柄が多いし、

 

それを推し進めるには、社員同士が話し合う社内の雰囲気が必要です。

 

話し合う事で現状把握が出来る。

 

そこからがカイゼンのスタートになると思います。

 

ホワイト企業の代名詞的に「風通しの良い社内風土」とよく言いますが、「働き方改革」でも何でもいいですが

 

「お題」があって、それに全社で取り組むとき、「社員間の話し合い」をスルーして事は進みません。

 

「社員間の話し合いが一番大切なことだ!」と社長をはじめ社員が理解出来ればどんなことにでも挑戦できるはず。

 

 

 

ながながと書きましたが、「働き方改革はシンプルに!」です。

 

マネージャーは、社員同士が話し合える「お題」を提供していけばよいだけです。

 

やれば何らかの結果が出ますので、まずやってみましょう!花火をバンバン打ち上げてください!

 

 

 

・・・ということで、いまさらながら水曜日をノー残業デーにしました。

 

 

 

 

 

関係者の皆々様、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

 

次は、在宅勤務に挑戦します!女性活躍推進「えるぼし」取ろう!完全週休二日制とかみなし残業制廃止とか

 

どんどんやろう!

 

またこの場でうまくいった事や行かなかった事報告します!

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント