好きなようにしてください。

弊社では大学生に対して会社説明会を 私(社長)がやっています。

 

会社説明会1時間、そのあと面談30分、その結果、興味がある人は「しごと体験」をしてもらって

 

「よし、この会社に入って頑張ってみよう」と思った人は、最終の役員面接に進みます。

 

事務系は、仕事体験はありませんが、会社説明会後の面談で、弊社の取組みについて説明しています。

 

この10月1日から、事務系の部署名の変更をしました。もともと経理とか総務とか人事・採用・広報をひっくるめ

 

管理部と呼んでいましたが、弊社のような小さい会社は、何でもしなくてはなりません。

 

まあ、そこが面白いところなのですが、意欲の無い者にとっては大変です。

 

会社というものは活性していなければなりません。

 

それは、会社規模の問題ではなく。

 

組織が活性しているとは、「変化している」「社員がやる気に満ち溢れている」「社内のコミュニケーションが取れている」状態をいいます。

 

(※ただし、意味なく変化するのは良くないです。)

 

今ままでは、会社の内勤業務とは、会社を守る、会社を管理するといった使命がありました。

 

確かにそれは必要なことですが、学校で言うと「風紀委員」(わかるかな・・・汗)的で面白そうな仕事じゃないんじゃないかって思っていました。少なくとも自分には不向きだと。

 

私は明るく、元気な人が大好きです。それといつも「感動」したいと思っています。

 

だから、同じことの繰り返しが苦手です。出来ない理由を聞くのが苦手です。

 

私は、これしかしません、あれしかしません、これが出来ます、できません。といった これからの日本社会の方向性に逆行した人とは少なくとも私は一緒に仕事はしたくありません。

 

Employability(どこでも通用する能力)を兼ね備えなければこれからの超情報化社会は生き抜けません。

 

先日、私が好きな経営学者の方の話の中で「好きなようにしてください」というフレーズが有ります。

 

わたしはそのフレーズにとても癒されます。

 

やる気が有れば、心配できる気持ちが有れば、好きなようにしてくださいです。

 

そんな人はほっといても大丈夫です。

 

自分の人生です。

 

生きるとは誰のせいでもありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント